HOME ≫ プレイセンターを作ろう:ニュージーランド視察(現在のページ)

ニュージーランド視察

 ニュージーランドのプレイセンターや保育園、幼稚園などへの研修や視察をご希望の方には、以下のような研修旅行を当協会で企画・実施することもできます。
 プレイセンターのみの視察、実習などご要望に応じてアレンジも可能です。
 詳しくは、日本プレイセンター協会までご相談ください。

2017年10月開催予定のニュージーランド幼児教育視察研修旅行のご案内


研修地: ニュージーランド オークランドとハミルトン
期間: 2017年10月15日(日)~10月20日(土) 6日間
費用: 398,000円(渡航費用、研修・視察費用、ガイド費用、滞在費用等)
※その他費用として、空港諸税がかかります。
(為替レートの変動により改定になります。2017年4月現在:約8,630円)
※添乗員は同行しません。

お問い合わせ・お申込み:(株)アサヒトラベルインターナショナル
観光庁登録第 141 号・日本旅行業協会(JATA 会員)・国際航空運送協会(IATA)公認
〒101-0042 東京都千代田区神田東松下町 13 神田プラザビル 7 階
電話:03-3526-3581 FAX:03-3526-3582
ホームページ:http://www.ati-jp.com

ニュージーランドには”テ・ファリキ”と呼ばれる保育指針があります。幼稚園、保育園等の施設では、テ・ファリキを指針とした自由保育が実施されています。
今回の研修では、現地の大学「ワイカト大学」 でテ・ファリキについてレクチャーを受け、保育園または幼稚園の視察を行います。
プレイセンター、 コハンガレオ、小学校も訪問しますので、様々な保育・教育の現場を見ていただくことができます。
キウイと呼ばれるニュージーランドの人々の、特徴的な保育を視察しませんか?
他国の保育・教育の現場 を視察することは、今後の実践に役立つ経験となるでしょう。
また、今回の研修にはニュージーランド 幼児教育の研究者である、淑徳大学短期大学部こども学科教授佐藤純子先生が同行してくださいます。

◆参考文献◆ プレイセンターの実践が掲載されています。 佐藤純子編(2017)『子ども・子育て支援シリーズ第2巻 拡がる地域子育て支援』ぎょうせい.

本研修の内容に関する詳細は、こちらをご参照ください。
パンフレット




このページのトップへ ▲